びしょの日記 (vipshota’s diary)

これはショタコン的視点からの雑多な日記帳です。まじめな記事が5割、ふまじめな記事が5割でできています。将来黒歴史になる予定です。

子供と大人の区分 12歳から20歳編

子供と大人の区分についてまとめてみた。参考にしたのはWikipediaの子供のページ。日本の場合に限る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E4%BE%9B#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.A7.E3.81.AE.E5.AE.9A.E7.BE.A9.E3.83.BB.E5.8C.BA.E5.88.86

12歳以上

少年法

おおむね12歳以上となっているが、少年院収容可能年齢。それ未満は原則として児童自立支援施設

13歳以上

女子に限るが、刑法における強姦罪の構成要素の一つ

13歳未満の女子との性行為はいかなる場合でも強姦罪が適用される。13歳以上は合意があればセーフだが、条例等でアウトなことが多い。男子は13歳未満・以上は関係ない。

つまり、13歳以上になると性行為が許されると言いかえてもよい。

14歳以上

刑法における刑事責任年齢で、14歳未満を刑事未成年という。

刑事責任能力を問われることがある。逮捕されうる。

15歳以上

労働基準法

満15歳到達年度末日からは労働ができる。義務教育との絡みだが、子役やプロの棋士等は別。

18歳以上

児童福祉法風営法、淫行条例、婚姻適齢、公職選挙法子供の権利条約

原則、福祉施設から追い出される。

男子は売春も合法になる。女子は性行為を伴う売春は違法であるが、伴わない場合は合法である。

結婚できる(女子も近々18歳以上になる)。

最近、選挙権も行使できるようになった。

条約による制約がなくなり死刑の執行対象になる。

時間外労働や休日・深夜労働等ができるようになる。

大学入学が可能になる。

20歳以上

民法労働基準法少年法

親権者は不要になる。

逮捕等されたときに名前が公開されうるし、非公開の少年審判ではなく公開の裁判で裁かれる。

お酒とタバコが解禁される。

 

やったね、大人だよ。