びしょの日記 (vipshota’s diary)

これはショタコン的視点からの雑多な日記帳です。まじめな記事が5割、ふまじめな記事が5割でできています。将来黒歴史になる予定です。

権力に楯突くのがカッコいいと思い上がってるクソ監督が作った、カンヌ映画祭の最高賞を受賞した作品「万引き家族」の感想(ネタバレあり)

f:id:vipshota:20180608233639j:plain

(当ブログ主はショタコンです)

権力に楯突くのがカッコいいと思い上がってるクソ監督が作った、カンヌ映画祭の最高賞を受賞した作品。

作品を見るまではその程度の知識だった。

見始めた瞬間、最初の万引きのシーンから、誰がどうやってこの生活の幕を引くのか、ということが気になって仕方がなかった。元夫を殺した父親役、謎の多き母親役、金づると思いきや実は金をせびるばあさん、体を売る子供役、万引きの手伝いをさせられる子供役、そして虐待から救われ誘拐された女の子。一体誰なのか。

男の子がかわいかった。満足である。

貧困は伝播する。家族の中で誰一人として貧困から抜け出す手段を知らないというのは致命的なバグである。万引きはよくないとか、年金詐欺はよくないとか、体を売るのはよくないとか、そういうのはテレビの芸能人コメンテーターに言わせておけばよい。この国が抱える問題はそこにはない。

男の子が父親役に襲われなくてよかった。

国民が最悪の現状を直視していない。救われない子供達がいる、集られる老人達がいる。そういう状況を、直視せずに今は何とかなっているのだから、波風立てずにいればいいと思っている国民が多数である。経済成長しないことがひずみを増幅していることに気づかないふりをしている社畜達が沢山いる。

男の子の乳首を拝めてよかった。

現状を変えることにおっくうになってはいけない。確かに今は自分の力不足かもしれないが、変えられる立場になったときに諦めないために今何を出来るのか考えなければならない。めんどくさいことから逃げてはならない。目の前の困難に立ち向かおうとする意思をなくしてはいけない。

男の子の肌ってきれいだよね。

僕たち大人は、次の世代が生きる世界を少しでもよくする責任がある。それは、僕たちが働けなくなったときに尊厳を保って死ぬための保険でもある。死んだときに家族に庭に埋められないためである。だが、現実はこの映画にいるような大人達ばかりなのだ。どれだけお上が良いことを言っても、それを信じて実践する国民がいなければ、何も変わらないのだ。

男の子に朝は固くなるか聞きたかった。

とにかく、男の子がかわいかった。この醜悪な生活の幕を引かせたのがすこしだけ成長した男の子だというのがせめてもの救いであり、この世界に残された希望でもあると感じた。

president.jp

無線LANと囚人のジレンマ

囚人のジレンマというのは、ゲーム理論による問題提起の一つである。囚人二人が協調すれば二人にとってよりよい結果が得られるが、自分の利益だけ追求すると二人にとって必ずしもよりよい結果が得られないというものである。

囚人同士は相談できないというところがゲームのポイントである。

集合住宅における無線LANでも囚人のジレンマが発生しやすい。互いに協調し合って最小限の出力で最小限のチャンネルしか使わなければ、お互いにとってよりよい結果が得られる(いわゆるパレート最適)。しかし、相手が協調した場合でも、裏切った場合でも、裏切って最大の出力で最大のチャンネル数を使った方が自己の利益は高くなる。その結果、お互いに裏切りという選択をしてしまう(いわゆるナッシュ均衡)。

(この分野の専門家ではないので記述に誤りがあるかもしれない)

ともかく、無線LANの電波の出力はなるべく最小限にしよう、と言う提案である。

東京ローカルイベントに赤字数十億

赤字垂れ流しまくりの大会議とかなんとか地方会議とかをやり始めてから、俺のプレミアム会員費が一度も参加したことないような東京ローカルイベントに使われるのかと思った時点でニコニコプレミアム会員の退会は確定した。

って話は前もした。

東京ローカルイベントに赤字トータル数十億

偏見は良くない

ブロックしない条件

  • ショタコンっぽい人
  • ショタ絵を描いてそうな人
  • フォロー・フォロワー

ブロックする条件

  1. 1000以上のRTは気分が乗れば
  2. 1万以上のRTは二度と見ないために
  3. フォロワー数が1000以上は基本的に
  4. フォロワー数が1万以上は怒りを込めて
  5. 左臭い
  6. 右臭い
  7. 上臭い
  8. 下臭い
  9. スピリチュアル臭い
  10. 意識が高い
  11. 意識がない
  12. 犯罪
  13. 犯罪をしたことがない
  14. 年齢が低い
  15. 精神年齢が小学生以下
  16. 特定の国の人
  17. プロフィールがない
  18. アイコンが初期のまま
  19. 僕が気に入らない特定分野のファン
  20. 地雷が多そう
  21. 医療系のツイートでほんのわずかでも不確かな情報が混じってる
  22. 明らかに不確かな情報が混じってる
  23. 俺が認めたくない情報が混じってる
  24. なんとなくムカつく
  25. 論争を引き起こしそうな主観が入ってる
  26. 論争を引き起こした人
  27. 論争を引き起こした人の相手
  28. 論争の主とその相手のやりとりを面白がる人
  29. 昔のことでグチグチいう
  30. バズった投稿のリプで自分が宣伝してる
  31. バズった投稿のリプでお決まりのやりとりをしている
  32. バズった投稿にクソリプを送ってる

ちょっと低閾値すぎやせんか?

同人誌即売会、僕(一般参加)的目線からのコメント

これまで、10年近くにわたり同人誌即売会に参加してきた。 多くの即売会を見て、何百冊も購入する中で、買う側の視点で色々思うことが溜まってきた。 そこで、僕が一般参加の目線で何を見て何を感じているのか、少しまとめておきたい。 10年後には様々な進歩もあり、また別の感想が生まれるだろう。

サークルさん向け

  1. 新刊 or 既刊 (または発行年月日)
  2. 大きな字のポップ・ディスプレイ
  3. 表紙
  4. サークルのスペース番号
  5. サークル名・ペンネーム

新刊 or 既刊

新刊 か 既刊か(もしくは発行年月日)を本の外に書いてくれていないサークルさんがちらほらいる。 新刊と称しているが、その日が売る初日ではない場合もある。 発行日はその本を手に取って、奥付を見れば分かるので、これらの情報を見えるところに書かなければいけないというわけではない。 だが、書いておいてくれているととてもありがたい。

発行日がすぐに分かるようになっていれば、気になるサークルで、僕が過去に参加したイベント以降に発行した本を全部買う、などという買い方ができる。買い方の可能性が広がるのだ。

大きな字のポップ・ディスプレイ

本のタイトル、媒体名(オリジナルか二次創作ならそのタイトル)、カップリング、簡単な説明などを書いてくれるととてもありがたい。 もちろん、書いていなくても問題はない。その本を手に取って中身を見れば分かるから。 いつも字が小さめで細いという人は、ぜひ太い字でいつもより大きめに書いてくれるとありがたい。 大きくて太い字なら、僕の視力でもすぐに判読でき、そこから新しい可能性が広がるのだ。

表紙

表紙は重要だ。とにかく重要だ。僕の購買のきっかけの9割は表紙と言っても過言ではない。気になる表紙の本はまず手に取るようにしている。 表紙を頑張ってくれている作家さん、本当にありがとう。そして、これからもよろしくお願いします。

サークルのスペース番号

スペース番号や、島の番号を、目に付くところに書いてくれているサークルさんは意外と少ない。 なくても、この机の端から何番目だからこのサークルのスペース番号は・・・と考えればよいし、サークル名やペンネームで識別すれば良いのだけれど、あれば助かるということもある。大手さんは書く傾向にあるよね。

サークル名・ペンネーム

ポップ・ディスプレイでも、同人誌の裏表紙でもいいので、サークル名とペンネームをアピールしていただきたい。 最近、同人誌の裏表紙にサークル名やペンネームを登録名のママではなくローマ字表記にして書くのが流行っている。 僕はローマ字表記を読むのに慣れていない。登録名をそのまま書く形式が流行ってくれると個人的にはうれしい。

僕向け

個人的にいくつかの心がけをしている。

  1. 相手の目を見て買う、買ったあとに「ありがとう」と言う
  2. サンプルを見るときは汚さない、折り目を付けない、そおっと見る
  3. 迷ったらサンプルを見る、迷ったら買う
  4. 列のないサークルを優先する
  5. 小規模なイベントなら全サークルをくまなく見る。大規模なイベントなら関連の島をくまなく見る
  6. 人が多いときには挨拶に行かない、自分の挨拶で他の人が買ったり見たりするのを邪魔しない
  7. サンプルを見るときも2列になるようにし、隣のスペースにはみ出さない
  8. 他のサークルの列で邪魔されてしまっているサークルは、体をねじ込んででも見に行く

今後とも、サークルの皆さんの参加を心から楽しみにしています。

子供はなぜ暗闇が怖いのか

「幼児期における怖いもの見たさの心理の発達」より引用 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdp/25/3/25_291/_pdf

子どもの恐怖に関する初期の研究では、子どもが怖がる対象や出来事は乳幼児期において変化することが示されている。Jersild(1968/1972)によると、子どもは最初、大きな音や騒がしい音、見知らぬ物・人・場所、高い所、急に動かされること、痛みなどに恐怖を感じるが、それらは 3 歳をピークに減少していく。代わりに、想像のもの、空想的なもの、超自然的なもの、暗闇、一人でいることなど、新しく獲得した想像的なものが恐怖の中心になるという。

暗闇が怖いっていうのは、空想的なものを理解できるようになったことによる恐怖だったんだ。寝るときに部屋が少し明るくないとドキドキして眠れないとか、ホラー映画を見て怖いと感じるとか、そういうのには確かな原因があったのだ。